神の乳母(かみのめのと) 2話のあらすじ・感想をご紹介!

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

2話はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母(かみのめのと) 2話
異形の触手を膣奥に突っ込まれ
強制的にイカされる人妻

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母(かみのめのと) 2話のあらすじ

謎のハーブティーを飲まされたせいで、体が動かなくなってしまった百合恵。

身動きがとれない百合恵に異形がよじ登ってきて、百合恵の乳首にむしゃぶりつく。

乳首にしゃぶりついて離れない異形を必死で離そうとする百合恵。

「んぐ…お願いだから…ね?離れ……!?」

とその時、異形下腹部から伸びるへその緒のようなものが、百合恵の目にはいった。

異形の下腹部から生えるへその緒はまるで、太い男性器のようにも見え、百合恵は本能的に悍ましさを感じ始める。

「それを…どうするつもりなの…?」

悪い予感がした百合恵は異形に尋ねるが、異形は乳首にむしゃぶりついたまま何もしゃべらない。

そして次の瞬間、異形の太いへその緒がビクッビクッと動き始める。

百合恵の悪い予感は的中し、異形の太いへその緒は勃起するように伸びて、スリスリと百合恵の股間に迫ってくる。

「うそ…うそ…イヤ‥‥」

これからされるであろうことを想像し、恐怖でおかしくなりそうな百合恵。

「や‥やだっ!いやっ!やめて!!!」

百合恵の必死の抵抗も虚しく、異形の太いへその緒は百合恵の下着の中へ潜り込んでいった…

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~
▼ 2話続きはコチラ ▼

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母(かみのめのと) 2話を読んだ感想

あ~興奮したw

異形の触手で侵されていく人妻の姿がエロすぎる。

異形の触手は太く長くまるで外人の男性器のようで、しかもその先端は体液を吸えるように口みたいになってますからね。

そんな異形の触手をアソコに突っ込まれ、膣内を掻き回され、強制的に何度も絶頂させられちゃってます。

「もう無理~これ以上やられたら壊れちゃう」という人妻の声を無視して、膣内を貪り続ける異形。

もう、何度絶頂させられたかわからないぐらいイキまくり、指一本も動かせないぐらい憔悴しきっちゃてます。

神の乳母2話はかなりやばい内容です。

神の乳母
~異形に奪われた妻~
2話はコチラ

神の乳母 次話(3話)

異形の触手がさらに膣奥深くまで入ってきて、あまりの快楽に動物の鳴き声のような声を上げイキまくる百合恵。

>>神の乳母3話のあらすじと感想はこちら