神の乳母(かみのめのと) 3話のあらすじ・感想をご紹介!

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

3話はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母(かみのめのと) 3話
未知の快楽にはしたない声を上げ
絶頂しまくる人妻

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母(かみのめのと) 3話のあらすじ

ベビーシッター初日から、異形に侵され強制的にイカされまくってしまった百合恵。

(もう悪夢は終わり…もうこの家にはこない…)

そう思ったのも束の間、神守さんに

「逃げたらどうなるかわからない、あなたも、家族も…」

と脅され、仕方なく毎日異形の元へ通う百合恵。

この異形、そしてこの異形のことを「神様」という神守さんには底知れぬ恐ろしさがあった。

神守さんは百合恵を異形のいる部屋に招き入れると、いつもすぐにどこかへ出かけていってしまう。

そして、異形と二人きりになり、異形は餌の匂いを嗅ぎつけたかのようにのそのそとベビーベッドから出て、百合恵にはい寄ってくるのであった。

百合恵の体液を毎日啜っている異形は、最初に見たときよりも一回り大きくなっており、その成長の糧が自分だと思うと、異形に対し吐き気を催すほどの嫌悪感を抱いてしまうのであった。

異形は今日も、百合恵の身体によじ登り乳房にむしゃぶりついてくる。

異形に胸を汚されれるのは、不快でしかなかったが、これが終わった後の「より悍ましい行為」を思うと、百合恵はされるがままになるしかなかった…

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~
▼ 3話続きはコチラ ▼

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母(かみのめのと) 3話を読んだ感想

神の乳母3話もやばいです!

いつものように異形の触手で膣を貪られる百合恵。

しかし、今日の異形はいつもと違い百合恵の子宮の中に触手をいれてこようとしてきます。

「そこだけはダメ!」と必死でお腹に力を入れ、抵抗する百合恵ですが、子宮口を触手で愛撫されつい力が抜けてしまう百合恵。

異形はその瞬間を見逃さず、グリグリと触手の先端を子宮口に突き入れてきます。

この後、百合恵はまた異形にめちゃくちゃにイカされてしまいます。

未知の快楽に理性が蕩け、動物のようにはしたなく鳴き声を漏らす人妻がエロすぎます。

神の乳母
~異形に奪われた妻~
3話はコチラ

神の乳母 次話(4話)

神の乳母4話では、異形が家にまで侵入してきます!夫の隣で陵辱された百合恵は…

>>神の乳母4話のあらすじと感想はこちら