神の乳母(かみのめのと) 7話のあらすじ・感想をご紹介!

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

7話はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母(かみのめのと) 7話
未知の快楽にはしたない声を上げ
絶頂しまくる人妻

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母(かみのめのと) 7話のあらすじ

止まらない異形の精液…
百合恵のアソコからは異形の精液が大量に溢れ出し…

布団を敷き仰向けになり、異形のことを受け入れる百合恵。

異形の太く巨大なペ○スを根元までねじ込まれ悶絶しながらも、異形の顔を両手で押さえ、自ら異形と唇を重ね舌を絡ませる。

「ん…ちゅっ…あぁ…さっきより奥まで届いてる♪」

と異形の逞しいペ○スを悦ぶ百合恵。

しかし、遠慮しているのかあまり腰を動かさない異形。

そんな異形に対し、

「我慢しなくていいのよ♪私の胎内はあなたのものなんだから…」

百合恵がそう言うと、急に激しく腰を振りだす異形。

異形の太く巨大なペニスで子宮をガンガン突かれ、動物のような悲鳴を上げて感じまくる百合恵。

「ダメなママをもっとお仕置きしてぇー!!」

「いぎっ!!あ゛あ゛ーーーー!!」

百合恵の感じている声を聞いて、さらに興奮した異形は……

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~
▼ 7話続きはコチラ ▼

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母(かみのめのと) 7話を読んだ感想

ついに神の乳母も最終話ですね。

最終話では、異形が本気で百合恵のことを妊娠させようとしてきます。

太く巨大なペニスを根元までねじ込んできて、「マ゛…マ゛…」とキモイ声を上げ腰を振りまくってきます。

異形はやはりキモいですが、そんなキモい異形にやられて感じまくっている人妻の姿はやっぱり興奮しますね。

ラストには、思いもよらない結末が待ってます。

チンジャオ娘さんの作品は、ラストがいつも面白いんですよね~

今回も、あ~なるほどね。と頷いてしまいました(^_^)

あ~終わっちゃったな。またこういう異色の作品出して欲しいな~

神の乳母
~異形に奪われた妻~
7話はコチラ